息子

一昨年8月に生まれた息子は、先月で満2歳を迎えました。誕生日のお祝いのときは、一丁前に蝶ネクタイをつけて、ケーキを頬張ります。 出生時、3300g、51.5cmだった彼も、たった2年で、10kgを超え90cm弱にまで成長。いつの間に大きくなったのやらと、今までの写真を見ると、感慨深く、なぜか涙腺か「汗」が出てきました。
座ることができなかった彼、歩くことができなかった彼、食べることができなかった、何もできなかった彼が、今では、座ることも、歩くことも、食べることもできます。自分でコップを持ってきて、「モーモー」と言って牛乳を飲みたいと要求してきます。数を数えたり、カエルの歌やキラキラ星を歌ったりと、目が離せません。それも言葉が言葉になっておらず、そこがまた可愛いです。
この夏は、たくさんあった地域の祭りにたくさん参加しました。そこで、ゲームや花火もしました。土俵に上がって、力士に持ち上げてもらいました。彼自身は、まだ理解をしていないでしょう。しかし、もうすぐ、あれをやりたい、これをやりたいと言い出すのでしょうね。
息子君、色々な経験をさせてあげるね。いっぱい刺激を受けて、成長してください。
あと、お願いです。早く寝て、朝は早く起き過ぎないでください。そうでないと、お父さんもお母さんも、寝不足なのです。
おわり

息子
※写真は本文とは関係ありません


弁護士 廣田