町田ゼルビア応援ツアー開催!

7月29日、町田シビック法律事務所は、

「地元サッカーチーム『FC町田ゼルビア』を応援しよう」

と、町田ゼルビアの応援に行ってきました。


観戦した試合は、町田市立陸上競技場で7月29日に行われた「京都サンガFC」との試合です。
7月29日現在、町田ゼルビアはJ2リーグでの順位が最下位とJFL降格の危機です。


私は、妻を連れて、キックオフ(6時)より30分早く試合会場につき、試合開始前の練習から見学しました。

町田ゼルビアのサポーター達は試合開始前から、「絶対残留」の横断幕を掲げて、練習中の選手たちに大声援を送っており、私達も試合前の応援から参加しました。
選手たちは、声援に応えて、手を振ったり、お辞儀をしたりしてくれました。

町田ゼルビア応援ツアー開催!

町田シビック法律事務所の参加メンバーは町田ゼルビアの応援スタンドに集まり皆で町田ゼルビアの選手を応援をしました。
事務所の所長の長男と長女も応援ツアーに参加してくれました。
所長の長男と長女は、サッカーチームに所属し、毎週土曜日・日曜日も休まずにサッカーの練習に励んでいます。
試合開始後、町田ゼルビアはパスを良く繋ぎ、右サイドから多くのチャンスを作りました。チャンスの度にスタンドは大盛り上がりするのですが、なかなかゴールに繋がりません。

町田ゼルビア応援ツアー開催!

試合中、所長は子供らに「この18番の選手の動きが勉強になるよ。ここでサイドに開く動きをして、スペースを作って・・・(私の記憶は正確ではありません)」などとプロの動きを解説し、子供らはうなずきながら真剣に所長の解説を聞いていました。
普段見ることのできない父親の顔を見ることができました。

町田ゼルビアは前半に1点失い、後半にもさらに1点を失い、京都サンガに2点差をつけられてしまいました。「もうだめか」と諦めかけた試合終了間際に、町田ゼルビアは右サイドから上手くパスを繋ぎ北井選手が見事にゴールを決め、1点を取り返しました。その時は、町田ゼルビアのサポーターが皆立ち上がって喜び、声援と拍手でスタジアム全体が揺れるようでした。私達も、皆でハイタッチをして町田ゼルビアの得点を喜びました。

その後も、選手たちは良い動きをしてチャンスを作りましたが、結果的は、1-2で町田ゼルビアが負けました。
試合終了後、選手たちがスタンドの前で整列してサポーターにお礼をするシーンがありました。サポーターは善戦した選手たちに温かい拍手と声援を送っていました。

私は、今回のツアーで初めてのサッカーを観戦しましたが、正直こんなにもサッカー観戦が面白いものとは知りませんでした。
今度は町田ゼルビアのユニフォームを着て応援に行きたいと思います。

所長、町田ゼルビア観戦ツアー第二弾を行いましょう!

K